●2021/12/07 更新



こんにちは、TaSuCです。

今回はAimの話。
マイクロフリックの重要性を確認していきます。


マイクロフリックとは

マイクロフリックというのは、小さいズレを修正する技術。
一般的なフリックよりも細かいフリックです。

過度なフリックショットは魅せプという意見もありますが、マッスルメモリーの関係もあってフリックした方が当たる方も沢山居るかと思います。
マイクロフリックのような小さなズレを修正する技術は必要不可欠だと思います。

単発武器ショットガンを当てるコツは、マイクロフリックの精度を上げることだったりします。


初弾の重要性

自身がインファイトで撃ち負けたシーンを見返してると、初弾を外してる場面があると思います。
特に射撃レートが速い武器。
初弾さえ当たればそこから数発は当たります。
マイクロフリックの精度が高ければ、ズレの修正がより早く正確になっていくので、Aimが合いやすくなります。

意識としては、撃ちながら敵に合わせるのを止めましょう。
理由は、最初から初弾を捨ててるのと同じであり、反動が加わった状態でのAimになるので難易度が上がります。

先撃ちしたはずなのに初弾を外した結果、残りをほとんど外した経験があるならば、原因は初弾を当てれなかったことにある場合が結構あります。


練習方法

基本的には、ゲーム内でBOTや的に向かって少しズラした状態から真中にフリックして当てることで感覚を掴んでいきます。
また、フリック → 真中に戻すを繰り返すことでも練習ができます。

僕としては、エイム練習ソフトの『 KovaaK 2.0 』がオススメです。

 

《 Tile Frenzy Mini 》
的が当てやすい為、初心者の方でも気軽に小さいフリックを練習できます。

 

《 1 wall 6 targets Micro++ 》
Tile Frenzy Miniよりも小さく、正確性を鍛えることができます。

 

《 Reflex Micro++ Flick 》
正確性と反射神経が求められるシナリオです。
ゆっくりで良いので正確に当てましょう。

 

《 Microshot Flick 》
テンポ良く現れる的にフリックしていきます。
紹介したシナリオの中で最も難易度が高いです。


おわりに

ヴァロラントで撃ち勝てない方の多くは、プリエイムマイクロフリックが出来てなかったり、精度が低いことが原因です。
Apexは自身も動きながらズレを修正し、追いエイムをしなければいけません。

マイクロフリックの練習は地味に見えますが、” Aimが悪い “の原因に繋がってたりする為、ウォーミングアップに取り入れてみてください。

Apexを用いて今回の内容を動画でまとめてますので、こちらもご活用していただければと思います。

YouTube

TaSuC
g-isibasi@sea.chukai.ne.jp
FPS歴は13年以上。 FPS関連の呟きや知識解説を中心に、ゲーミングデバイスのレビューも本音で書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。